パソコンなどに貼ったシールをキレイに剥がす裏技3選


パソコンに貼ったシールって、剥がそうとするとシール跡が残ってしまう場合が多くありませんか?

簡単に剥がせるシールもありますが、そうでないシールもたくさんありますし、

何年も経つとなかなかキレイに剥がれてくれません。

そこで、この記事ではある物を使ってパソコンに貼ったシールをキレイに剥がす方法をご紹介します。

もちろんパソコンだけでなく、スマホやタブレットに貼ってしまったシールでも

同様にキレイに剥がれますので一度試してみて下さいね。

【まずはじめに】シール剥がし液がオススメできない理由


シール剥がし液も100均などに売っていますが、

こちらは匂いが相当きつく、作業中に頭がくらくらするのでオススメ出来ません。

有毒なガスが生じているような感じで、換気をしていても気分が悪くなります。。。

しかもシール剥がし液と言いながら、あまりたいした実力もありません。

ですので、新たにシール剥がしの3種の神器をご紹介します。


1.ドライヤーを使って剥がす方法


これが一番お手軽で簡単です。

ドライヤーで5~10秒ほど当てて、爪で剥がしていく方法になります。


1㎝ほど爪で剥がせればあとは引っ張って一気に剥がせます。


ただビニール製のシールはドライヤーが有効ですが、

紙でできたシールはうまく取れないことが多いです。


・この方法のメリット
簡単かつ家にあるもので出来る

・この方法のデメリット
紙製のシールはうまく取れないことが多い

2.食器用洗剤を使って剥がす方法

紙製のシールはあまりドライヤーが有効でないため、ドライヤーで簡単に取れないようなシールは、

食器用洗剤を垂らして紙シールをふやかし、削っていくという方法になります。

指で洗剤を軽く伸ばして、10~15分ほどシールをふやかします。


※表面にビニールが貼られた紙製のシールは、予め表面のビニールを剥がしておいてください。


指で洗剤を全体に染み込ませます。20分以上ふやかすと逆に削りにくくなるので10~15分が最適です。


10分~15分放置したら、ものさしで削っていきます。


ものさしは何でもいいというわけではありません。

金属製のものさしだとパソコン表面が傷ついてしまうため、

プラスチック製のものさしがオススメです。


洗剤1回で削り取れない場合、この工程を2~3回繰り返すことで剥がせますが、

この後ジッポライターのオイルを使う方法に移行してもOKです。

・この方法のメリット
簡単かつ家にあるもので出来る
紙製のシールを剥がしやすい

・この方法のデメリット
シールをふやかすのに時間がかかる(2~3回やると30分以上かかる)

3.必殺!ジッポライターのオイルで剥がす方法

食器用洗剤を使って剥がす方法を2~3回繰り返せば、シールは取れるのですが、

これでもうまく取れない場合は、必殺ツールのジッポライターのオイルを使います。


こちらも100均で売っています。(大きめのダイソーで売ってました)

ジッポライターのオイルは揮発性が高いため、すぐに蒸発して乾いてしまいます。

洗剤と違って10分も放置する必要はなく、オイルをかけてすぐに削るという作業になります。

(オイルをかけて10秒削る→乾いたらまたオイルをかけて10秒削るという繰り返しになります。)




・この方法のメリット
紙製のシールを比較的スピーディーに剥がせる

・この方法のデメリット
ジッポライターのオイルを持っていない人は別途購入が必要

仕上げ

シールをものさしで削り、ある程度剥がせたら、あとはキレイに仕上げましょう。


メラミンスポンジ(激落ちくん)+ジッポライターのオイルの組み合わせが最強ですが、

メラミンスポンジ+洗剤、ティッシュ+洗剤でもある程度キレイにできます。

1~2分拭いていると…





Before Afterで一目瞭然!

キレイになりましたね♪ぜひ皆様も一度試してみて下さい(^^)



この記事が役に立った場合はいいね!やシェアをお願いします(^^)
タブレット関係パソコン関係豆知識カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA